z[

トーマス・アッシュ監督の出演に関して

2022/05/02

「平和といのちと人権を!5.3憲法集会実行委員会」(以下、「実行委員会」といいます)は、ドキュメンタリー映画『牛久』(以下、『牛久』といいます)は出入国管理法改定が俎上にのぼっているいま重要な映画であり、作品として優れていることから、本年5月3日に開催される憲法集会のメインスピーカーのお一人として、『牛久』の監督であるトーマス・アッシュ氏(以下、「監督」といいます)に出演しスピーチしていただくことを決定し、監督も出演を受諾し、チラシなどの宣伝物や、ツイッターなどのSNSにおいて、その旨告知してきました。

しかしながら、実行委員会での決定後、内部から監督の出演に異を唱える意見が示されました。実行委員会は、構成する諸団体の総意に基づいて運営されていることから、異を唱える意見が示されたことを受けて、実行委員会として、監督には出演を辞退していただく要請を行うことを決定し(以下、「決定」といいます)、4月27日の記者会見でも出演者として紹介することをしませんでした(以下、「本件」といいます)。

実行委員会から、監督に対して、本件の決定をお伝えしたところ、出演を受諾し、告知もなされている段階で、監督に対する意向確認や意見表明の機会もないまま本件決定がなされたことについて、監督及び『牛久』の配給会社である太秦株式会社(以下、「太秦」といいます)から実行委員会に対して、説明を求められました。

監督及び太秦は、憲法記念日に開催される憲法集会のメインスピーカーとして出演し、スピーチできることを大変な栄誉だと考えており、当日は、①入管における非人道的で人権を無視した処遇、②表現の自由・報道の自由が保障されていれば『牛久』を制作し公開する必要はなかったかもしれないこと、③入管の問題に直面したことで様々な分野で人権が保障されていない状況にあることに気づいたこと、④各地で尊厳や権利を守るために声をあげている人たちがいて日本国憲法はそうした声の力になっていること、⑤自分もそうした声をあげている人たちとともに声をあげ続けたいと考えていること、⑥一人が千歩も万歩も進むことは困難だが、一千人、一万人が一歩進むことはできるし、そのことが大事だと思うと考えていることなどについてスピーチする予定でした。

また、監督及び太秦からは、上記の意見表明の機会もないまま本件の決定がされたという手続的な点に加えて、本件の決定が告知後になされたことから、監督の社会的評価や劇場公開中の『牛久』に及ぼしうる影響について、実行委員会において、どのような議論が行われたのかについてもお尋ねがありましたが、実行委員会において、この点に関する議論は不十分でした。実行委員会としては、意見表明の機会を持たなかったという点と合わせて、本件の決定が及ぼしうる影響に関して実行員会としての認識が甘かったことについて、監督及び太秦に対して、心からお詫び申し上げます。

実行委員会では、本件の決定後になりますが、監督及び太秦と協議を行い、本声明を公表することを条件に、監督が出演を辞退することで合意いたしました。

今回、実行委員会は、諸団体の総意に基づいて運営がなされるという実行委員会形式の合意形成をより重視したことから、出演を辞退していただくという選択を行いました。このことは、実行委員会として、異を唱える意見に対して何らかの正当性を認めたものではなく、意見内容の是非については一切関知するものではありません。監督に対する誹謗中傷と受けとめられる行為がなされていることは、実行委員会としても確認していますが、こうしたことに実行委員会が与するものでもありません。また、実行委員会として、『牛久』に対する評価を変えるものでもありません。

集会参加のみなさま、監督のスピーチを楽しみにされていたみなさまに対し、このような事態に至ったことをお詫び申し上げるとともに、集会直前ではありますが本件の経緯を公表し、ご理解をお願いする次第です。 

2022年5月2日

平和といのちと人権を!5.3憲法集会実行委員会
トーマス・アッシュ
太秦株式会社

ご支援・ご協力のお願い

集会成功のためのカンパを募っています(1口1,000円、 なるべく複数口で)。ご協力お願いします。

【郵便振替】
口座記号番号:00160-7-586990
加入者名:5・3憲法集会

【銀行振込】
ゆうちょ銀行〇一九(ゼロイチキュウ)店
店番019
当座預金/口座番号:0586990
口座名:5・3憲法集会